30代からでも遅くない!税理士になる為のステップとは?

>

独立する為のステップ

独立までのステップ

資格取得したので、これから税理士を目指してアクションを起こす。まずは実務経験を積みます。2年以上が条件で、そこで基本の業務内容だったり試験と実践の違いを学んだりします。
実務経験を積んだら登録申請です。税理士名簿に登録する為の申請で、税理士登録申請書を記入して提出します。かなり細かいルールがあり、失敗すると足止めを食らうので慎重にいきましょう。ちなみにこの登録だけで20万円程度かかるので、あらかじめ費用を貯めておきましょう。
登録が終えたら税理士として名乗れますし、独立する準備が出来ました。後は事務所を構えて集客を行い、顧客を確保していきます。ちなみに事務所にいた顧客を無理やり鞍替えさせるのはルール違反です。

お金はどれくらい必要?

なぜか独立までにべらぼうに費用がかかるイメージのある税理士ですが、実際にどの程度の費用が必要になるのでしょうか。別の項目で説明した様に登録申請にかかる費用が約20万円、そこからオフィスと必要な家具家電、業務で使うソフトやハードウェアが最低限のアイテムです。
自宅兼オフィスだと安くなりますし、都内の一等地に契約するのならかなりのコストが発生します。また使うソフトによっても金額が違うので何とも言えませんが、平均的な費用は300万円程度です。
そこに集客をする為の広告費が加算されます。広告に関してもテレビCMや雑誌広告、SNSやブログだけでも大きく違います。前者は最低でも200万円から、後者は無料で始める事も出来ます。